読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FEif白夜 縛りプレイ2

前回:FEif白夜 縛りプレイ - まとめがき
次回:FEif白夜 縛りプレイ3 - まとめがき

 

・杖を解禁して23章をクリアした。

リョウマを壁にしつつ、初期配置の駒を捌く。
左の列でネームドキャラの攻撃範囲に入らないようにしながら増援を捌く。
このときはリョウマと使用人達を壁にした。

キャラ選択から分かる通り、縛りやギミックの影響で回避盾しか用意できない。
やり直すのも癪だったので回復杖を解禁して安定をとることにした。……結局避けるので多分要らなかったのだけど。

きっと(回復)杖が必要になるのは、壁を作りたいときなのだろう。
誰がどれだけの損害を受けるのか完全に予測できないから万全にして迎え撃つ、とか。

24章は1ターン目に下方向を全滅させる配置を考えるモチベが沸くまで放置。

次項の算段があるのだからキャッスル施設色々立てるのもアリ?
武器管理が若干億劫で保留。杖解禁したので下手に道具屋作れないし。

闘技場を使って料理や錬成のための素材を確保するのは楽しい。

 

 

 

・「キャッスル&プルフ&寄り道」禁止プレイを9章クリアまで進めた。

女主人公。力持ち&愚鈍&弓使い。見た目などはデフォルト。

普段は「打たれ強い&運が悪い」にしているけれど。
今回はクラスチェンジできないので壁には使えず、むしろ火力の方が必要に思えた。

他設定は珍しくデフォルトにしてみた。声が幼くて驚いた。

 

10章最後、コタロウで稼ごうとしたら急所を喰らって死んだ。つらい。

これに限らず、キャラロストの原因の大半は、稼ごうとして急所を喰らうこと。
理想を求めすぎな面があるので、もっとリスクリターンを考えると上手くいくはず。

 

11章クリアのデータを保存用にするつもり。

12章がポイントになると思うため。
具体的には「マークス&ガロン」「捕縛可能な最初の上級クラス」の2つがあること。

素質が物理火力極振りなので融通は利かない。縛りプレイ用。

 

 

 

・キャプチャーや透魔ルートの購入

考えておく。
動画にするには思考時間が長い。編集作業が必要になりそう。

透魔ルートは暗夜の「プルフと寄り道の禁止 & キャッスル制限」が終わったら。

 

 

 

キャッスルの施設いろいろ使ってゆるふわに遊びたかっただけなのに、どうしてこうなった。