読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想

怖い夢を見た。CoCのシナリオにしたら面白くならないかな。

 

<夢に見た光景の一部>

環境:
夜、全容を知らない建物の中、知人数人ほどと。

出来事:
この建物を探索していた。(それぞれに何らかの目的意識はあった)
曲がり角で知人を見失った。
後ろにいた知人と角を曲がると、見失った彼らはそこにいた。
しかし振り返ると、今さっき曲がってきたはずの通路は無かった。
(実はこの直前に隠し通路を調べていたので違和感は小さかった)

何が変わっただろうか。

建物自体は変わっていない様子。
探索を続けると自分たち以外の人間もいた。
(彼らは会議の開始待ちのようであった)
(むしろそれまでは自分たち以外に人気は無かったのだが)

そして、風と呼ぶには弱いものだが、空気の流れがあった。

流れの源へ、進んできた道を戻ろうとしたところで夢から醒めた。

 

<妄想>

閉じた(closed)探索モノ

一定時間毎にイベントが進行する。
具体的にはPLのいる階が1上がり、1階から順に"何か"が変わる。
建物の入口と最上階に大きなイベントを設置する。
風は入口から最上階に向かって吹いている。

階段の位置が各階で異なる(らしい)テレビ局を舞台にするのが面白そう。
入口と最上階、どちらにボスキャラクターを置くのがいいだろうか。
風の向きはどちらがいいだろうか。

シナリオはどうしようか。
転移の動機の候補は2つある。
1.迫る脅威から彼らの身を守るため
2.上層階に人を集めて何かするため

組み合わせて腹黒シナリオにしよう。

最上階にいるアリスをさらうため、ボブが建物を侵略します。
アリスはそれに対抗するため、策を講じます。
具体的には侵入者を無力化します。
そのために一般人を上層階に集めた後、彼らの何かをコストにして呪術を使います。
下層の生物は無力化されます。

建物の設備や通信はボブによって使えなくさせられたことにしましょう。

アリスは建物の外部者にしましょう。さもなくば、ボブはふつう内通者を作る。

アリスは何も知らないので過剰防衛をします。
つまり「自分に向かう悪意の接近を感じるが、規模はわからない」

ボブはアリスの性格を知っているので、先鋒をデコイにします。
故に探索においてはPLも容易に対処できる生物しか出ない訳だ。

PLが何もしなかった場合、彼らは最上階に集められた後、呪術の生贄となります。
PLがアリスを特定し説得に成功した場合は、協力してボブに対抗することに。

(アリスとボブの因縁色々があったとして)

アリスは何かの大ファンで、この目で見るため番組に参加します。
その番組を通してボブはアリスを見つけます。

接近すればアリスに警戒されるために、ボブはアリスを袋の鼠にしようとします。
それが今回の案件。

次の週、準備を整えたボブは襲撃を実行に移します。

PLの1人は探偵にしておくと楽か。
過去にインスンマス面の男から人探しを依頼されたことを思い出せ。
ボブがアリスを探してほしいと依頼してきたことを。

襲撃1
長い停電が起こります。そして、下の階から悲鳴が聞こえてきます。
具体的には1階から悲鳴が聞こえます。
現場ではグールがアリスを探すべくうろついているわけですね。

それを察知したアリスは対策を練ります。
2階の角部屋を回り、術式を設置します。
機能は人間の転移とか生物の無力化とか。

PLがアリスを発見して追跡できれば設置場面を見ることができます。
あるいは術式を見つけて弄ろうとすれば、彼女の方から接触してくるでしょう。

一定時間がたてば場面は3階へと移ります。2階と同様のこと。
4階を最上階にするぐらいが丁度いいかな?

 

集中力が切れたのでおわりっ
ルルブの呪文の項を眺めて、適切な効果を探さないといけないね。