kingdom:newlands 攻略メモ書き

次回:kingdom:newlands 攻略メモ書き その2 - まとめがき

steamのセールで面白そうだからと購入した。通常の攻略はwiki等に任せてやり込みの為のメモ書き。

◇100日実績の為に
・マップは2つ目の島を選択
秋冬の襲来は早いが、石壁と商人が揃っている事が非常に強力。
集落は2つしかないが、それでも冬は貯蓄が減るのでこれ以上多くても意味は薄いだろう。
某動画では最後の島で挑戦していたが、両側から敵が来るデメリットが大きいと思われる。

以降は2つ目の島を選択したものとして話を進める。

・持ち込みはパン屋とユニコーン
長い冬の間を楽をする為にパン屋を選択した。実プレイでは誤って集落を片方潰したが、それでも利子無しではマイナス収支の進行であった。
パン屋がいない場合は、後述する狩人像維持と同時に集落を回れば良いだろう。
乗り物はユニコが便利過ぎて他がない。冬が長いとはいえ前線に立って毎晩闘うゲームではないので。

戦士を持ち込んで序盤を楽にするのは当然と思って書いていなかった。

・隠者はパン屋と狩人(小人?)が良さそう
隠者の小屋は現地にも1つ配置されている。よって持ち込みと合わせて2人の隠者を運用できることなる。
狩人のバリスタは攻撃性能と人事の面から是非利用したい。
パン屋と老人は櫓の整理が出来る点が便利。防壁より前に櫓がある場合は襲撃ごとに無駄死にする為、そこにあることが損失となる。さっさとパン屋か城壁に改装すべき。
なお、戦士を増やす意味は殆ど無いので老人である意味は薄い。リカバリの為にもパン屋である方が好ましい。

・像は狩人が重要。労働者はあれば嬉しい。
2つ目の島には像が2つ配置されるが、農耕と戦士のそれは利用しないのでハズレになる。
狩人像は最重要。これがあれば壁1つの損壊も無く赤い月を耐え続けることができる。後半になるほど人間の数が増えるので目に見えて威力が変わるのを実感出来るだろう。人は力だ、数は力だ、それに乗算出来るのが狩人像だ。
労働者の像は壁の耐久を盛るのが目的になる。中盤のまだ人数が程々の時に安定して赤い月を越えるのに使用すると便利だ。終盤は数の力で押せるので不要になる。

像は上手く使えば2日に一度の捧げ物で十分だ。まだ薄く灯火の着いている時にコインを捧げることで、消えかかっている灯火ともう一つの灯火が着いた状態になる。
赤い月の翌日は襲来が無いので、この時を上手く休養日に当てられると良い。

労働者の像については赤い月の日だけでも良いだろう。日数から確定した時や、夕暮れ時の独特な効果音から判断できた時に着ければ良い。

・地形配置の良し悪し
先ずに狩人像があること。像が浅橋側にあると安全に起動出来るので尚良い。
次に良い迎撃場所が有ること。壁が2つ連続した後ろに櫓を複数建てられる様な配置が最高。
王国中央も2つの壁と2つの櫓を利用出来る場所にあるが、集落や商人の住処が近い場合に外側の防壁を建てられない場合がある。

崖に近いと崩壊した時の保険が多く、ブリーダーの出現から直ぐに攻撃が出来るという利点がある。
王国中央に近いと目が届きやすく、異変の察知やリカバリーがしやすいという利点がある。
多分好みの問題。私の時は崖近くに良いポイントがあったのでそこで迎撃していた。

後は欲しい隠者が出るか、集落が近いか、といったようなこと。

・立ち回り
書く必要も無いと思うが一応。
漂着後中央周辺の木をマークしつつ着火。乞食雇って弓設置。内から2つ目の壁が設置出来るなら設置。探索へ。
取り敢えず端まで。コインが溢れそうなら宝箱は開けない。集落でコイン投げつつ浅橋か崖かを確認する。浅橋なら何もせず帰って良い。崖の場合は帰りに迎撃ポイントのアテを付ける。
帰って来たら適宜拡張しつつ反対側へ。これが崖側ならば同様にアテを付ける。これで配置が分かる筈なので今回頑張るか決める。必要なら隠者を叩き出して判断する。やらないならさっさと脱出する。

戻ってきたら崖側を石壁まで拡張する。出来たら浅橋側出陣。1組で十分。反撃と1回目の赤い月迄をいなしながら浅橋側を適当に開発。
1度目の赤い月が終わったら崖側出陣。反撃が終わったら適当に開発。崖側に遠出する必要が出来たら2度目の周期的赤い月が終わった時点で行う。これで最前線をほぼ確定させる。後は冬まで稼ぐ。畑は作らない。
どうせ暇でコインも溢れるので船は作ってしまっても良いだろう。至る処に石壁を作る程には余らないだろうが。

冬が来たらパン屋近くで弓兵を量産し続ければ良い。商人との取引もあるので、浅橋側の勝手にできた櫓をパン屋にするのが良いか。
赤い月で壁が壊れるようなら狩人像に投資すべき。攻撃されて武器を奪われる損を考えれば早いに越した事はない。
不安なら赤い月の際に労働者の像へ投資する。コイン8つで安心が買えるならそう高くない。

終盤になるにつれてどんどん安定感が出てくる。寝落ちしなければ勝ち(1敗)


以上。
次回があるならば、ニューゲーム(持ち込み無し)での5or6つ目の島の攻略記になるだろう。